法人の破産・再生

資金繰りに行き詰まった・・・ 手形が不渡りになりそうだ・・・

会社の経営が危機に陥った場合、多くの経営者は、「何としても会社を存続させたい」という思いから無理な金策に走ってしまうことがよくあります。

しかしながら、このような行為は、むしろ経営破綻を招く結果につながりかねません。

現在の状況を打破するために、早い段階での対応を

会社の経営が危機に陥った場合には、無理な金策に走る前に、まずは早い段階で弁護士にご相談ください。弁護士であれば、会社の状況を冷静かつ客観的に見極めたうえで、法的に最適な解決策を貴社にご提供することができます。

早い段階で弁護士にご相談をいただければ、選択肢はより広がります。時間が経過すればするほど、採り得る選択肢は狭まります。会社が経営危機に陥っている場合、時間の経過とともにその状況はどんどん悪化していくからです。

経営が危機に陥っていたとしても、会社の再建策を採ることや、取引先や従業員に対する影響を最小限にすることができるケースは多くあります。経営についてお悩みであれば、今すぐにでも行動を起こすことが肝要です。

まずは弁護士にご相談ください

会社の経営が危機に陥った場合、まずは第三者の客観的な意見を聴き、状況を冷静に把握することが第一歩です。

そうしたとき、弁護士にご相談いただくことが最良の選択です。弁護士は法律に精通しているだけでなく、守秘義務を負っています。ご相談されたことが外部に漏れることはありません。

当事務所は、横浜に拠点を置いて常日頃から多くの顧問先企業様のご相談を承っております。そうであればこそ、企業の実情に合わせた迅速かつきめ細やかな対応が可能です。おひとりで悩まれることなく、まずはお気軽にご相談ください。

会社の今後を考える際の3つの指標 ~再建か、清算か~

①事業の収益性

売上総損失を計上している場合には、再建は困難です。

②事業の継続性

再建型の手続きを選択する場合、最低6ヶ月は資金繰りの目処が立たないと再建は困難です。

③スポンサーの存在

スポンサーからの出資の可能性がないと再建は困難です。

破産・再生について詳しくはこちら

TEL:050-5852-2846 ご質問・ご予約はこちらTEL:050-5852-2846 ご質問・ご予約はこちら