モラハラ(モラル・ハラスメント)でお悩みの方へ

DV(ドメスティック・バイオレンス)は文字通り、殴る、蹴るなどの肉体的な暴行を加える行為ですが、モラハラ(モラル・ハラスメント)とは何でしょうか。

今でこそモラハラはかなり一般的に認識されていますが、以前はそもそもこのような言葉すらありませんでした。


モラハラとは、言葉や態度等によって行われる精神的な暴力のことで、暴言、無視、人格否定、無理な要求、責任転嫁、性的虐待や経済的虐待等、肉体的な暴力を伴わずに相手を苦しめる方法として、様々なものがあります。

このように、身体的・肉体的な暴力をともなわずに、相手を苦しめるもの(ともすれば、直接的な暴力よりもより深く、そして長期的に相手を苦しめます)を総括してモラハラと呼ばれています。

いずれも肉体的な暴力を伴うものではなく、「そのくらいのことならどの夫婦も通る道だよ」などと暴力と比べて軽く扱われがちですし、時には「あなたががちゃんと出来ていないから悪いのだ」などと言われる場合もあります。 

しかし、実際に体にあざが出来たりして顕在化しやすい(証拠の残りやすい)DVと違い、モラハラは潜在的で証拠に残りづらく、また、第三者に理解してもらうことが非常に難しいものです。

モラハラの加害者は、自分がモラハラをしているという意識がないだけでなく、外部に対しては良き配偶者であることを巧妙にアピールし、被害者と外部との交流を絶とうとし、被害者をどんどん孤立させます。  

そのため、被害者にとっては弁護士に相談をすること自体が恐ろしく心配で、自分が悪いのではないかという疑問を抱えながら、今日まで、一人で悩まれている方も多いことと思います。

当事務所は、モラハラについて深い理解を有する弁護士が、依頼者の秘密を厳守し、速やかに依頼者の救済方法を一緒に考え、ご提案致します。一人で悩まず、まずは一度当事務所の弁護士にご相談されてはいかがでしょうか。

モラハラの態様

モラハラはDVと違い、「これがモラハラ」といえる定型があるわけではありません。被害者の方々は、「そもそもこれはモラハラなのか」、「夫婦生活での忍耐がないだけではないか」「もしかしたら自分が悪いだけではないか」と考えてしまう傾向にあります。
以下の行為類型は、モラハラの態様に関するもので、実際に当事務所にご相談にいらっしゃる方でこのようなお悩みを抱えている方がいらっしゃいます。
1つでも該当している場合は、モラハラの可能性があります。3つ以上該当している場合は強度のモラハラに該当する可能性があります。ご自身だけでは意識できない場合もありますので、1つでも該当する方は、一度、当事務所で詳しくお話をお聞かせください。

相手が不合理な理由で不機嫌になる

「仕事が大変なら無理して家事をしなくてもいいよ」と言っていたのに、いざあなたが仕事で疲れて家事を休んだら、勢いよく冷蔵庫のドアを閉めて、凄く不機嫌になっていた。
そんなことはありませんでしたか?

相手の言葉を信じてその通りにしたのに、実際にその通りにすると相手は不機嫌になり、時には物凄い剣幕で非難をしてくる。モラハラ加害者は、言葉以外のメッセージを汲み取ることがさも当然であるかのように振る舞い、あなたが汲み取れなかった場合は、汲み取れないあなたが悪いことだと一方的に責め立ててきます。
次第に、あなたは相手に何を言えば分からなくなり、とにかく相手を不機嫌にさせないように、相手の機嫌を伺うようになってしまいます。
これはモラハラの初期の段階によく見られる傾向です。


相手が一方的に怒りをぶちまける


あなたの何気ない一言や態度に対して、突然、烈火のごとく怒りはじめ、あなたを罵倒し、ときに冷たい口調で突き放してくる。そもそも、あなたは相手が普段から相手が機嫌を損ねないように細心の注意を払っているのに、相手は重箱の隅をつつくように些細なことでもあなたを非難してきます。あなたが相手に怒っている理由を聞くと、「そんなことも分からないのか。お前は馬鹿だ」などとあなたの人格を否定してきます。

また、あなたに直接暴力を振るわなかったとしても、例えば隣の部屋で威嚇するように大声を出して、壁を殴ったり、物を投げつけるなどの行為に及ぶこともあります。相手は、「直接暴力を振るっていないのだからDVじゃない。言い掛かりだ。」というかもしれませんが、相手が暴れている間のあなたの恐怖・心情は計り知れないものです。
ここまできたら明白なモラハラだと言えるでしょう。。


コミュニケーションの拒否から長期間の無視へ


何を話しても不機嫌になり、怒りをぶちまける相手とは、当然ながら次第にコミュニケーションをまともに取れなくなります。
あなたが日常生活の中で相手に話しかけても、相手はその話題には一切答えず、別の話題であなたの非難を始めます。 相手はもはやあなたと通常のコミュニケーションを取るつもりはなく、ただあなたを非難する材料を探しています。日頃からあなたの言動や行動を監視し、あなたがどんな些細なものであっても、とにかくミスをするのを待っています。時には、あなたがミスをしない場合は、あなたがミスをするように誘導します。不合理なことを言って、ミスを作り上げることまでします。

最終的に、相手はあなたと一切コミュニケーションを取らなくなり、一方的に無視を始めます。無視は数時間で終わることもあれば、数日、数か月、場合によっては何年も続くことがあります。
子供たちもいる家族の中で、あなただけが存在を無視され続けてしまいます。外部との接触も絶たれ、ただ相手の機嫌を損ねないように生活する毎日は極めて辛く、残酷な日々です。


特権意識と人格否定


モラハラの加害者は、致命的な誤りですが、自分があなたと対等な関係にはあると思っていないのです。
家庭という特定の場においては、全て自分の思い通りに事が運ぶようになっていなければ許せず、まるで一流ホテルに宿泊しているかのようなサービスを受け、大切に扱われることが当たり前だと考えています。そして、そのような状態を整えておくことが全てあなたの役目であり義務であると考えているのです。

もしその義務をあなたが果たさないことがあれば、仮にあなたの体調が悪かったときであろうと、そのんなことはお構いなしで、絶対にあなたを許しません。

「お前が人間としてダメだからできないんだ」、「私はお前のために言っているんだ」などとあなたの人格を否定し、他方で自分の言い分を全て正当化します。
また、その際、相手はわざと難しい言葉や専門用語を使って、さも自分はあなたとレベルの違う人間であるかのように振る舞います。


外部との遮断


あなたが、「少し実家に帰りたい」、「たまには古い友人と会いたい」などと言ったときに、相手が拒絶する場合には、モラハラが深刻化する危険性が高いと言えます。。

モラハラ加害者にとって、あなたが外部の人間と接触することは最も許せないことです。モラハラ加害者は、家庭の中でしか、あなたとの関係でした特権意識を持つことができないのです。あなたが外部の人間と接触して相手の話をしたときに、「あなたの相手、おかしいんじゃない」などと言われたら耐えられないのです。

モラハラ加害者は、あなたが「自分の置かれた状況は明らかにおかしい」と気付く機会を与えないように、外部との接触を禁止します。


徹底的な責任転嫁と被害者意識


モラハラの加害者は、夕食の献立から、仕事の進退に至るまで、様々な意思決定をあなたにさせます。表面上は、あなたに「相談」という形で持ちかけるので、あなたはそれに応えなければいけません(応えないものなら、「自分の相談を聞けないのか」などと一方的に罵倒され、物凄い剣幕で非難されることは明らかです)。

しかし、あなたが何を言っても相手が納得することは決してありません。仮にあなたの提案通りに相手が行動した結果、相手が何らかの不利益を負うことがあれば、ここぞとばかりに「お前の言う通りにしたらこんなことになったじゃないか」、「お前の言うことを聞くとろくなことにならないな。」などと一方的に罵倒・非難されることになります。このように、モラハラの加害者は徹底的に責任をあなたに転嫁し、果ては自分が被害者のように振る舞うのです。


子供を利用したモラハラ


モラハラ加害者は、時に子供も利用します。あなたがどんなに愛情を込めて子供に食事を作っても、相手は、「栄養バランスがなっていない」などと何かと子供の前で文句をつけてきます。それだけでなく、相手は子供に対して「親として失格だよね」などとあなたの悪いところを徹底的に吹き込みます。

子供が悪いことをすれば、「お前のしつけがなっていないからだ」と怒鳴られ、子供を叱ったときには「そんなに怒るようなことじゃない。お前がそうやってヒステリーを起こすから子供がちゃんと育たないんだ」などと罵倒されてしまいます。


性的なモラハラ


モラハラ加害者が性による支配も求めてきます。あなたが相手からの性行為を拒めば露骨に嫌な顔をし、不機嫌になります。また怒鳴られたり、非難をされ、無視されることに対する恐怖から、次第にあなたは相手の要求を拒むことができなくなり、さも喜んで相手を受けているかのように行動せざるを得なくなります。

モラハラ加害者は、そんなあなたの気持ちなど一切お構いなしに、お互いの同意で円満に性行為が行われていた、夫婦関係は円満だった、などと平気で言ってくるのです。


経済的なモラハラ


モラハラ加害者は、家計についても責任をあなたに転嫁してきます。「生活費が必要になったら言ってくれ」などと言うわりに、実際に「生活費が足りない」などとあなた言えば、「お前の管理が悪いんだ」、「いったい何に使っているんだ」、「俺の稼いだ金を何だと思っているんだ」などとあなたを責め立てて、非難を始めます。

次第に相手はあなたに生活費を渡さなくなります。しかし、相手に罵倒される恐怖から、相手に生活費の相談をすることはできず、足りない部分はあなたの結婚前の貯金を取り崩すようになり、その後、実家の両親にお願いせざるを得なくなり、最悪の場合、サラ金や闇金に手を出してしまうこともあります。借金の事実が相手に露見しようものなら、相手はあなたのことを「金遣いが荒い」、「なんで相談せずに借金するんだ」、「生活費が足りないときはいつでも言ってくれと言っただろう」などと、まるで後出しじゃんけんのようにあなたを非難・罵倒します。

生活費が足りず、生活の手段を一切絶たれたあなたとしては、もはや別居する気力も資力も無くなり、ただ生活する為に相手の言うことを聞き続けるしかなくなってしまうのです。

モラハラのよくある相談

行政書士に相談してはダメなの?

必ず弁護士にご相談下さい。
弁護士の方が、少なくとも裁判手続に関する法律知識が豊富ということもありますが、それ以上に、そもそも法律上、依頼者の代理人となって配偶者とお話を進めていくことは、弁護士にしか認められていません(弁護士以外が報酬を得て代理人として行動することは非弁行為という違法行為に該当します)。

そのため、行政書士に相談したとしても、配偶者との交渉や訴訟の提起等は結局、自分でやるか、最終的に弁護士に依頼せざるを得ません。配偶者の罵声や暴言に対して恐怖を感じている方にとって、配偶者との交渉をご自身で進めることは精神的にも相当な負担となるものです。
当事務所の弁護士は、依頼者の方の想いを汲み取り、依頼者の代理人として配偶者と闘います。


依頼するにあたって弁護士費用はどのぐらいかかるの?


当事務所の弁護士がご相談者と協議の上、適正な金額をご提示させて頂きます。
なお、当事務所の報酬基準については弁護士費用のページをご参照ください。

TEL:050-5852-2846 ご質問・ご予約はこちらTEL:050-5852-2846 ご質問・ご予約はこちら