債権回収を弁護士に依頼するメリット

債権回収を弁護士に依頼すると、下記のようなメリットがあります。

1. 交渉が有利になる
2. 適切な法的手続きがとれる
3. 訴訟手続や強制執行手続きを円滑に遂行できる

1.交渉が有利になる

弁護士が代理人となって、債務者に内容証明郵便を送付するだけで、債務者が弁済に応じるケースは数多くあります。弁護士が代理人に就任することで、請求に応じない場合にはより強力な法的手段が講じられてしまうという心理的プレッシャーが債務者に働くためです。

取引先が経営破綻しそうな場合、債権回収は時間との勝負になります。交渉段階でできる限り早く回収しなければ他の債権者に債務者の財産を持って行かれてしまうことも十分にあり得ます。

弁護士に依頼して迅速に交渉を進めましょう。

2.適切な法的手続がとれる

債権を回収するためには様々な方法があります。したがって、ケースごとに適切な手段をとる必要があります。

弁護士に相談すれば、どの方法がもっとも適切か判断することが可能となります。

3.訴訟手続や強制執行手続を適正かつ円滑に遂行できる

債権回収の方法として、訴訟を提起する場合があります。しかし、訴訟手続には高度の専門性が必要となります。当事者本人が訴えを提起して勝訴することはそう容易ではありません。

貴社に有利な証拠を収集して整理し、貴社の主張を説得的に行うための書面を作成する、といったことは大変な手間がかかる作業であるため、専門家である弁護士に依頼したほうが合理的です。また、判決を得た後の強制執行手続も専門的知識が必要です。

弁護士に依頼することで、訴訟手続や強制執行手続を適正かつ円滑に遂行し、債権回収を図ることができます。

 

債権回収について詳しくはこちら

TEL:050-5852-2846 ご質問・ご予約はこちらTEL:050-5852-2846 ご質問・ご予約はこちら