不動産問題

土地や建物は個人の生活や企業活動の拠点であり、また投資の対象でもある重要な財産になります。

売ったり買ったり、貸したり借りたり、あるいは担保の目的物にしたりと、様々な場面で活用することとなります。その分、トラブルにもなりやすいため、不動産取引の仕組みについて事前にしっかり認識しておく必要があります。

例えば、不動産を売ったのに代金を払ってくれない、不動産を買ったら欠陥があった、一室を借りて事業を営んでいるんだけれども突然家主から出ていくように言われた、不動産を賃貸しているのに賃料を払わず自ら出ていきもしない、といったトラブルです。

このような事態に陥る前に、もし不動産取引に関して何か疑問に思われる点が生じましたら、一度弁護士に相談されることをお勧めします。

 

不動産問題について詳しくはこちら

TEL:050-5852-2846 ご質問・ご予約はこちらTEL:050-5852-2846 ご質問・ご予約はこちら