すでに保険会社から賠償金・示談金の提示がされた方へ

  • 「これが法律にしたがった金額です」と言われて示談金の提示がされた方
  • 「弁護士に依頼しても損をするだけです」と保険会社に言われた方
  • 「時間をかけるだけ無駄ですよ」と言われて示談金の提示を受けた方
  • 「よかったですね、後遺障害は〇級が認定されました」と言われた方
  • 「大変な被害ですので、〇〇円をお支払いします」と言われて示談金の提示があった方

その賠償金で示談する前に、一度弁護士に相談されることをお勧めいたします

交通事故に遭い、すでに治療を終えられ、後遺障害の等級も認定された被害者の方の中には、すでに保険会社から賠償金・示談金の提示がされている方もいらっしゃることと思います。
このページをご覧になった方は、保険会社から賠償金・示談金の提示があった場合、すぐに免責証書(示談書)に署名・押印をするのは避けてください。
というのは、保険会社から提示された賠償金・示談金が、被害者の方のお怪我の程度や後遺症の程度に見合った適正なものになっていない可能性があるからです。

交通事故のお悩み解決はこちら

横浜の交通事故は弁護士にお任せください

TEL:050-5852-2846 ご質問・ご予約はこちらTEL:050-5852-2846 ご質問・ご予約はこちら