証拠別の対応方法

写真・動画


ごく稀に、配偶者と相手方が不貞行為を行っている最中の写真や動画が証拠として準備されている場合があります。

殆どは、当事者のいずれかが(主に男性側であることが殆どですが・・・)趣味でそのような写真や動画をパソコンや携帯電話などに保存していたものから発覚したものです。

そのような証拠が不貞行為の証拠として十分であることは疑いようもありません。

このように、いわゆる不貞行為の最中の動画や写真でなくとも、ホテルや自宅に出入りしている写真や、その室内での写真、二人で旅行に出かけた際の写真などは、もちろんその様子にもよりますが十分な証拠になる場合があります。

メール・LINE・手紙


 

不貞行為の証拠として一番多いのが「メール・LINE・手紙」です。 特にメールやLINEは、膨大なやり取りがリアルタイムで残っている為、証拠としての価値も高いです。特に裁判で慰謝料の金額について争う場合は、不貞行為の期間や回数も問題になる為、メールやLINEによればそれらも概ね明らかとなり得ます。 

もっとも、二人がやり取りしていた内容であれば必ずしも良いというわけではありません。やり取りの中で、明らかに男女関係・肉体関係を疑わせるような記載が残されている必要があります。

また、メールやLINEは簡単に破棄・隠匿することができます。その為、いかに相手方に破棄・隠匿される前に証拠を保全するかが重要になります。最近は、デジタル・フォレンジックと言って破棄されたメールの履歴等を復元する技術も利用ができるようになっていますので、色々な形で証拠を揃えていきましょう。

探偵の調査報告書


多くの方が不貞行為の証拠として最初に思いつくものだと思います。

基本的には、写真や動画を取得するとともに報告内容を記載したものになっており、証拠の価値としては写真や動画に準ずるものといえます。

他方で、有効な証拠を取得するにあたり、当然、別途の費用が発生し得ることになります。

もちろん、最初に費用を掛けた結果、確実に初期投資費用以上の慰謝料を回収できる見込みがある場合は実施するメリットを大いにあり得ると思います。

しかし、相手の属性によってはそもそも回収の見込みがない場合や、そもそも探偵の調査報告書が無くとも既に証拠として十分な場合もあります。

また、別居後に探偵に調査を依頼する方もいらっしゃいますが、別居後の不貞行為は当然に慰謝料請求の対象となるものではない為、別居後に結果した時間によっては、仮に何らかの男女関係が伺える証拠を取得したとしても全くの無駄に終わってしまうケースもございます。

探偵の調査報告書については、有効な場合も勿論多くありますが、費用対効果として疑問視せざるを得ない場合があることも事実です。探偵に調査を依頼するか否かも含めて事前に弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

証言


ご自身の配偶者、又は不倫相手が自分で不貞行為そのものについて認めたというケースもございます。もちろん、最初から最後まで一貫して認めて下さるのであれば良いのですが、相手が人間である以上、色々な事情の中で証言を翻意する方も多々あります。

後々翻意されたとしても闘えるよう、不貞行為の内容について当事者から証言を取るときは必ず録音をしておくよう心がけましょう。

慰謝料を請求したい場合の詳しくはこちら

不倫慰謝料相談室の詳細はこちら

TEL:050-5852-2846 ご質問・ご予約はこちらTEL:050-5852-2846 ご質問・ご予約はこちら