婚姻費用について

はじめに

「別居を検討しているが、別居後の生活費が不安だ」
「夫の収入で生活していたので、別居後の生活維持がとても大変」

別居に際しての大きな心配事は、生活費ではないでしょうか。

また、「相手が勝手に家を出て行ったのに生活費を払わないといけないのか?」、「住宅ローンとは別に生活費も払わないといけないのか?」というご質問をよくお聞きします。

ここでいう「生活費」は、法律上「婚姻費用」と呼ばれ、別居後、離婚が成立するまでの間に大きく問題となります。


婚姻費用とは


「婚姻費用」とは、日常の生活費、子供の養育費、交際費など婚姻から生じる費用のことです。

離婚の協議中、調停中、訴訟中であったとしても、夫婦はお互いが同程度の生活を続けられるように、お互いを扶養する義務(生活保持義務)があります。その結果、どちらか一方の収入が少ない場合には、収入が少ない側から多い側に生活費を渡してくれるように要求する権利があり、これを婚姻費用分担請求権と言います。
そのため、基本的には離婚が決着するまでの間、婚姻費用として生活費をお互いに分担しなければなりません。


婚姻費用の算定方法


一般的には、養育費と同様、家庭裁判所の算定表に従って計算することになります。具体的には、

① 婚姻費用を支払う側の収入
② 婚姻費用の支払を受ける側の収入
③ 子供の人数
④ 子供の年齢(15歳未満か、15歳以上か)

で判断されることになります(詳しくは家庭裁判所のホームページ等をご参照ください)。

婚姻費用 Q&A

離婚とお金について詳しい解説はこちら

TEL:050-5852-2846 ご質問・ご予約はこちらTEL:050-5852-2846 ご質問・ご予約はこちら