離婚したいが相手と直接話したくない方へ

このようなお悩みございませんか?
  • 直接話すと喧嘩になってしまう
  • 相手に言い負かされてしまう
  • 相手の暴力・暴言が怖い
  • 相手と対面すると萎縮してしまう

離婚したくても、直接相手と話すことで喧嘩になったり、言い負かされてしまうことが心配な方がいらっしゃると思います。相手に不倫などの非があるのに、指摘をすると怒り出して話にならない。普段から力関係があり、相手を目の前にすると萎縮してしまい、言いたいことも言えない。相手の暴力、暴言が怖い。

このような状況では、離婚をしたくても、相手と直接話したくないとお考えになるのも当然のことです。

このような場合の進め方としては、相手に明確な離婚原因があるのかどうかで異なります。

明確な離婚原因がある場合

相手に不倫、DV、モラハラ、その他重要な事情(生活費を負担しない、アルコール依存、多額の借金、家庭を顧みないなど)などの明確な離婚原因がある場合には、基本的にこれ以上修復のお話し合いは難しいかと思います。

このような事情がある場合には、離婚協議 → 離婚調停(家庭裁判所での話し合い) → 離婚訴訟(裁判官が決める手続)という流れに沿って、離婚を進めます。

あなたが相手と直接話をしたくないという場合には、ご自身で離婚調停から始める方法と、弁護士に依頼して離婚協議から始める方法があります。

なお、親などの親族、友人知人などを間に入れることは、かえって感情的な反発を招くことが多いため、基本的にはお勧めは致しません。たまに弁護士に頼むのはやめてくれ、弁護士に依頼するなら・・・しないなどと、弁護士を関与させることを避けようとする相手もいます。弁護士を依頼する場合は、一定の費用が掛かる点はデメリットともいえますが、弁護士は不当な要求をするわけでもありませんし、むしろ弁護士が入ることで条件交渉などは交通整理され、スムーズに進めることができます。
弁護士を避けようとする相手は、基本的に自身に非があるため、あなたが正しい知識を得る前に有利に進めようとするケースが多い印象です。

明確な離婚原因がない場合

相手に明確な離婚原因はないという場合、少なくとも一度はあなたが離婚をしたい理由について、お二人での話し合いが必要です。
そもそも、背景に相手の暴力・暴言等の問題があるケースでは、話し合いは難しいでしょうし、証拠などで裏付けがあれば、ご自身か弁護士に依頼して粛々と離婚の手続を進めていくことになります。
しかし、相手に明確な離婚原因がなく、離婚をしたい場合は、性格が合わなかったり、価値観・考え方が違うとい理由だと思います。
このケースでは、ご夫婦の間で話し合っても円満な生活が続けられないような事情があって、別居をしている状態が続いていないと、相手が同意しない限りなかなか離婚は成立しません。

そのため、まずは、あなたがなぜ離婚をしたいと思ったか、その理由を相手にきちんと伝えてください。お二人で前向きな話し合いができるのか、そもそも相手は話を聞いてくれず、改善するつもりもないのか、様々な反応が見られると思います。

そして、その話し合いの上で、やはり相手は変わることなく、夫婦関係をよくしていくことができないようであれば、いよいよ離婚手続を具体的に進めることになります。

この時に、もう相手と直接話すのはこりごり、という方はご自身で離婚調停をするか、弁護士に依頼するという方法をとることになります。

 

弁護士に依頼するメリット

まず、相手に明確な離婚原因がある場合、法的な根拠に基づいて離婚とその他の慰謝料などの請求をすることになります。あなたが相手と話したくないと、そのお考えが相手にも伝わり、話し合いは相手のペースになりがちです。弁護士があなたの代理人となることで、すべての交渉窓口を弁護士とするこができます。あなたが直接相手とやりとりをする必要はありません。

また、これから一度は離婚を切り出さなければならないとお考えの方にも、離婚について切り出して、話し合った上で、できる限り早いタイミングで弁護士を代理人とすることも考えられます。この場合は、まずはバックアップサポートプランにて、弁護士のサポートを受けながら相手との話し合いをし、適切なタイミングで弁護士を代理人として立てて、極力相手と直接話さないようにすることができます。

 

離婚をしたいが相手と話したくない方は私たちにご相談ください

当事務所では年間300件超の離婚のご相談を受けており、全ての弁護士が離婚問題に特化・精通しております。
また、各弁護士のノウハウ・知識を共有し、重要な局面では弁護士複数で方針を検討するなど、日々研鑽を欠かしておりません。

私たちは、あなたが最良の選択をし、今後の人生の再出発を笑顔でスタートできるように全力でサポートをいたします。
離婚をしたいが相手と直接話したくないという方は、まずは私たちにご相談ください。

この記事を担当した弁護士


 

みなと総合法律事務所 弁護士 細江智洋
神奈川県弁護士会所属 平成25年1月弁護士登録
当事務所は、離婚問題でお悩み方からのご相談を日々お受けしています。離婚相談にあたっては、あなたのお気持ちに寄り添い、弁護士の視点から、人生の再出発を実現できる最良の方法をアドバイスさせていただきます。まずは、お気軽にご連絡ください。

弁護士にご相談をお勧めするケース

女性のための離婚相談ページ

男性のための離婚相談ページ

緊急性のある特別相談室

年齢・職業別の離婚相談ページ

離婚の専門知識はこちら

TEL:050-5852-2846 ご質問・ご予約はこちらTEL:050-5852-2846 ご質問・ご予約はこちら