協議離婚

「当事者同士で離婚することは合意しているのだから,高い費用を掛けてまで弁護士に依頼する必要はないかも。」

このようにお考えの方もいらっしゃるのではないかと思います。

しかし、離婚をする際には,必ず養育費、財産分与、年金分割等の法律問題がありますし、弁護士を介入させることによりお話し合いが迅速かつスムーズに進むようになるケースが大半です。

協議離婚をしたいとお考えの方も,まずは弁護士にご相談下さい

離婚の約90%が協議離婚であるのに対して、調停離婚は9%、裁判離婚に至っては1%に過ぎません。

協議離婚は時間や費用を節約することができることから,この見方をすれば,最も簡単な離婚の方法と言えます。

しかし、どれほど法定離婚原因がある場合でも、夫婦間の合意がなければ協議離婚は成立させることはできません。

また、未成年の子供がいる場合には、離婚に際して、父母のどちらが親権者になるのかをきちんと決めておかなければなりません。離婚届には、子供の親権者を記載する箇所があり、記載がない場合は離婚届を提出することができません。

「協議離婚」とは,調停や裁判等,裁判所の手続を経ることなく,当事者同士の「協議(話し合い)」で離婚の合意をし,離婚届を市区町村に提出することにより離婚をすることです。 

民法第763条には以下のとおり定められています。 

 民法第763条
 夫婦は、その協議で、離婚をすることができる。

 このように、裁判や公的機関のチェックなしに当事者の意思と届出だけで離婚ができるのが協議離婚です。

当事者間で離婚の合意がまとまらなかった場合は、最終的には裁判で離婚を求めていくことになります。しかし、裁判を起こすときには弁護士費用が必要となるだけでなく、解決までに通常1年~2年程度の時間がかかってしまいます。

したがって、離婚の合意が可能ならば、出来る限り協議離婚で解決するのが望ましいと言えます。

協議離婚については,当事務所にお任せ下さい

裁判になるまでは,弁護士に相談する必要はない。

このように考えている方はいらっしゃいませんか?

しかし,当事者だけでの話し合いでは、色々な感情の対立が生じてしまい,話し合いはまとまるどころか,争いが広がるばかりです。

争いが拡大する前に,弁護士が間に入ることにより,迅速かつ適切に協議離婚をすることが出来るようになります。

当事務所は、離婚されるお二人が、新しい人生を、早期に、安心してスタートすることができるよう、出来る限り、調停や裁判ではなく、交渉によって早期の協議離婚を実現することを目指しております。

当事務所は、豊富な交渉経験を有しており、皆様の離婚に関するお悩みを速やかに解決させて頂きます。

離婚をお考えの方は、まず、当事務所の弁護士にご相談されてはいかがでしょうか?

女性のための離婚相談ページ

男性のための離婚相談ページ

離婚の種類について詳しくはこちら

TEL:050-5852-2846 ご質問・ご予約はこちらTEL:050-5852-2846 ご質問・ご予約はこちら