ケーススタディ

2022.03.03更新

事案内容 協議離婚
依頼者 40代 男性 会社員
相手方 30代 女性 パート・アルバイト
結婚歴 約4年
子ども 未成年者1名
離婚請求 離婚を切り出した
離婚の原因 性格の不一致・価値観の違い
離婚条件の争点(子ども) 養育費
離婚条件の争点(お金) 住宅・不動産
解決までの期間(年月) 約4ヶ月

 

【相談のきっかけ】

妻からの度重なる暴言等により精神的に不安定になり,仕事もできなくなったため離婚を希望されてご来所。

 

【事件の概要】

同居していた賃貸不動産の退去や私物の搬出・処分,養育費の金額が争点となった。

 

【活動内容】

妻側代理人と交渉し,賃貸不動産の退去,私物の搬出・処分を行った。
養育費その他離婚条件についても交渉を行い,公正証書を作成した。

 

【解決内容】

養育費を抑え,財産分与もなく約4か月という早期に離婚を成立させた。

 

→離婚問題のご相談はこちら

 

投稿者: 弁護士 細江 智洋

2022.03.03更新

事案内容 協議離婚
依頼者 40代 男性 会社員
相手方 40代 女性 会社員
結婚歴 約20年
子ども あり
離婚請求 離婚を切り出した
離婚の原因 性格の不一致・価値観の違い
離婚条件の争点(子ども) 養育費
離婚条件の争点(お金) 住宅・不動産
解決までの期間(年月) 約1年

 

【相談のきっかけ】

別居から一定期間経過しており,離婚を希望してご来所。

 

【事件の概要】

性格の不一致等により離婚を希望。
 

【活動内容】

別居から一定期間経過していたため,早期に離婚成立を希望されていた。
協議段階で離婚については合意できていたが,不動産の分与方法が争点となった。

 

【解決内容】

主に不動産の分与方法について妻と協議し,最終的に公正証書を作成して離婚成立。

 

→離婚問題のご相談はこちら

 

 

投稿者: 弁護士 細江 智洋

2022.03.03更新

事案内容 離婚前その他
依頼者 40代 男性 自営業
相手方 40代 女性 主婦・無職
結婚歴 約4年
子ども あり
離婚請求 
離婚の原因 
離婚条件の争点(子ども)
離婚条件の争点(お金) 
解決までの期間(年月) 約1年

 

【相談のきっかけ】

妻が子を連れて別居を開始したため,子の監護について心配されてご来所。

 

【事件の概要】

妻が子を連れて別居を開始し,所在不明となった。

 

【活動内容】

速やかに子の監護者指定及び引き渡し,保全の審判申立てを行った。

 

【解決内容】

監護者を妻とすることで調停を成立させ,他方で面会交流について協議することを調停上で約束した。

 

→離婚問題のご相談はこちら

 

 

投稿者: 弁護士 細江 智洋

2022.02.28更新

事案内容 調停離婚
依頼者 40代 女性 パート・アルバイト
相手方 40代 男性 会社員
結婚歴 
子ども 1名
離婚請求 離婚を求められた
離婚の原因 性格の不一致・価値観の違い 不倫・浮気 その他
離婚条件の争点(子ども) 養育費
離婚条件の争点(お金) 慰謝料 婚姻費用 住宅・不動産 預貯金 退職金 保険 子供の預貯金・学資保険 借金・浪費 その他
解決までの期間(年月) 約1年7ヶ月

 

【相談のきっかけ】

夫が出ていく形で別居が開始されて,妻が夫から離婚を求められたことによりご来所。

 

【事件の概要】

夫側は不貞をしていた(いわゆる「有責配偶者からの離婚請求」の事案)。
依頼者としては条件次第では離婚に応じる意向であったため,いかによい条件を引き出せるかが問題と思われた。

 

【活動内容】

依頼者の一番の希望であった,夫名義の不動産を財産分与により取得することを内容とした離婚条件で調停成立となった。

 

【解決内容】

慰謝料含む解決金270万円などを支払う内容にて,10ヶ月という比較的早期に協議離婚が成立した。

 

→離婚問題のご相談はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 弁護士 細江 智洋

2022.02.21更新

事案内容 裁判離婚
依頼者 40代 男性 会社員
相手方 40代 女性 主婦・無職
結婚歴 約21年
子ども 2名
離婚請求 離婚を求められた
離婚の原因 性格の不一致・価値観の違い その他
離婚条件の争点(子ども) 親権 養育費
離婚条件の争点(お金) 預貯金 退職金 借金・浪費 その他
解決までの期間(年月) 約10か月

 

【相談のきっかけ】

ギャンブル・借金問題を理由に妻から離婚調停を申し立てられた夫が,調停不成立となり妻から離婚訴訟を提起された時点で,今後の対応のご相談のためご来所。

 

【事件の概要】

ギャンブル・借金問題を理由とする離婚訴訟を提起され,親権・養育費・財産分与等が争点となった。

 

【活動内容】

親権については調査官調査の結果,厳しい見通しとなった。
他方で,夫である依頼者は個人再生中であり,財産分与による支払いを一括で行うことは経済的に非常に困難であった。
そこで,裁判上の和解により可能な限り長期の分割払いとする解決を目指した。

 

【解決内容】

最終的に,8年以上の長期分割で財産分与の支払いを行う内容での裁判上の和解となった。

 

→離婚問題のご相談はこちら

 

投稿者: 弁護士 細江 智洋

2022.01.31更新

事案内容 協議離婚
依頼者 40代 男性 会社員
相手方 40代 女性 会社員
結婚歴 約18年
子ども 2名
離婚請求 離婚を切り出した
離婚の原因 性格の不一致・価値観の違い
離婚条件の争点(子ども)親権 面会交流 養育費
離婚条件の争点(お金) 婚姻費用 預貯金
解決までの期間(年月) 約1年9か月

 

【相談のきっかけ】

妻に離婚を切り出したが思うように話がすすまず,弁護士への依頼を検討されてご来所。

 

【事件の概要】

妻と別居後,父母双方が子を1人ずつ監護している状況となり,双方が子2人ともの親権を主張した。また,離婚前の段階から面会交流が問題となった。

 

【活動内容】

双方が親権を主張していたため和解での解決は困難であるようにも思われたが,そのような中で双方が納得のいく解決となる方法はないか,模索した。

 

【解決内容】

最終的に,双方納得のうえ,それぞれが現在監護中の子の親権者となる内容にて協議離婚が成立した。

 

→離婚問題のご相談はこちら

投稿者: 弁護士 細江 智洋

2021.12.07更新

事案内容 調停離婚
依頼者 40代 男性 自営業
相手方 40代 女性 パート・アルバイト
結婚歴 
子ども 無し
離婚請求 離婚を求められた
離婚の原因 性格の不一致・価値観の違い
離婚条件の争点(お金) 婚姻費用 住宅・不動産保険 借金・浪費 その他
解決までの期間(年月) 7か月

 

【相談のきっかけ】

別居中の妻から離婚調停を申し立てられ,一度は自ら出席したものの,調停における対応に苦慮されてご来所。

 

【事件の概要】

性格の不一致等を理由に妻が別居を開始し,その後調停を申し立てられたが,主に婚姻費用及び財産分与について折り合いがつかず,ご依頼を受けることとなった。

 

【活動内容】

2回目の期日から弁護士が代理人として出廷し,金銭面の支払いを抑えたいというご本人のご希望を踏まえた活動を行った。

 

【解決内容】

婚姻費用及び財産分与の支払いを極力抑えつつ,ご依頼から比較的早期の段階で調停成立となった。財産分与については,最終的に現実の支払はなしという結論となった。

→離婚問題のご相談はこちら

投稿者: 弁護士 細江 智洋

2021.11.15更新

事案内容 協議離婚
依頼者 40代 女性 会社員
相手方 40代 男性 会社員
結婚歴 20年
子ども 1名
離婚請求 離婚を切り出した
離婚の原因 性格の不一致・価値観の違い その他
離婚条件の争点(子ども)親権 面会交流 養育費
離婚条件の争点(お金)
 慰謝料 婚姻費用 住宅・不動産 預貯金 退職金 保険 子供の預貯金・学資保険 借金・浪費
解決までの期間(年月) 約1年9か月

 

【相談のきっかけ】

同居中の夫との性格の不一致や出会系サイト利用を理由に,離婚を希望してご来所。

 

【事件の概要】

夫側は離婚及び親権者を母とすることを拒否。
調停の申立て後に別居を開始。
争点は離婚,親権,面会交流,養育費,慰謝料,婚姻費用など。

 

【活動内容】

離婚調停について一度は不成立となったものの,その後,親権者を依頼者として協議離婚成立。
争点として残っていた財産分与についても最終的には調停が成立した。

 

【解決内容】

離婚や親権について対立していて一度は調停不成立となるも,後に親権者を依頼者として協議離婚することに成功した。

 


→離婚問題のご相談はこちら

投稿者: 弁護士 細江 智洋

2021.07.28更新

事案内容 裁判離婚
依頼者 40代 男性 会社員
相手方 40代 女性 主婦・無職
結婚歴 22年
子ども 未成年2名
離婚請求 離婚を求められた
離婚の原因 性格の不一致・価値観の違い その他
離婚条件の争点(子ども)養育費
離婚条件の争点(お金) 住宅・不動産 預貯金
解決までの期間(年月) 約1年

 

【相談のきっかけ】

妻から離婚の訴訟を提起され,新たに弁護士を探してご来所。

 

【事件の概要】

基準時や不動産の取り扱い,特有財産など,財産分与について主な争点となった。

 

【活動内容】

基準時や特有財産性の説得的な主張立証を行った。

 

【解決内容】

裁判上の和解により離婚が成立となった。
和解においては,一部特有財産性の主張が認められ,財産分与の支払いも分割払いとすることに成功した。

 

→離婚問題のご相談はこちら

投稿者: 弁護士 細江 智洋

2021.07.06更新

事案内容 離婚後
依頼者 40代 男性 会社員
相手方 40代 女性 パート・アルバイト
結婚歴 約22年
子ども 未成年2名
離婚請求 離婚を求められた
離婚の原因 性格の不一致・価値観の違い
離婚条件の争点(子ども)養育費
離婚条件の争点(お金) 住宅・不動産 子供の預貯金・学資保険 借金・浪費
解決までの期間(年月) 1年6か月

 

【相談のきっかけ】

離婚後に、元妻から財産分与等を求める調停の申立てがされ、ご来所。

 

【事件の概要】

離婚後に元妻から財産分与、養育費、年金分割を求める調停を申し立てられた。
自宅不動産の分与方法、子供の学費、学資保険、元妻のキャッシング、元妻が作った借金を元夫の親から借り入れて返済をしたという事情について争点になった。 

【活動内容】

不動産は売却して売却代金の清算を行った。
子どもの学費は、元夫の関与のないまま発生したもので加算はできないことを主張。
学費代わりに学資保険をそのまま元妻に分与することも認められない旨主張。
元妻の借金については元妻の責任において支払うべきことを主張。

 

【解決内容】

不動産売却後、一定の財産分与を支払う解決。
養育費の学費加算は排斥。
元妻の借金は、元妻がより多く負担することで合意。

 

→離婚問題のご相談はこちら

投稿者: 弁護士 細江 智洋

前へ

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

TEL:050-7587-0469 ご質問・ご予約はこちらTEL:050-7587-0469 ご質問・ご予約はこちら