ケーススタディ

2024.07.05更新

事案内容 調停離婚
依頼者 40代 男性 会社員
相手方 30代 女性 会社員
結婚歴 約5年半
子ども あり
離婚請求 離婚を切り出した
離婚の原因 性格の不一致・価値観の違い モラルハラスメント 不倫・浮気
離婚条件の争点(子ども)親権 面会交流 養育費
離婚条件の争点(お金)慰謝料 婚姻費用
解決までの期間(年月)3年3か月

 

【相談のきっかけ】

不倫をした妻から離婚を求められ,ご来所されました。

 

【事件の概要】

不倫をした妻が子を監護しており,親権を争いました。

 

【活動内容】

まず最初に子の引渡しを求めて審判を申立てました。離婚は当初拒否をしていましたが,不倫相手への慰謝料請求が解決した後に,離婚調停を申し立てました。

 

【解決内容】

子の引渡しでは監護者と指定されず,面会交流の条件を定めて終わりました。離婚調停では,妻からの慰謝料の取り決めも行い,離婚が成立しました。

 

→離婚問題のご相談はこちら

 

 

投稿者: 弁護士 細江 智洋

2024.06.28更新

事案内容 協議離婚
依頼者 30代 男性 会社員
相手方 30代 女性 自営業
結婚歴 約8年
子ども あり
離婚請求 離婚を切り出した
離婚の原因 性格の不一致・価値観の違い
離婚条件の争点(子ども)親権 養育費
離婚条件の争点(お金) 
解決までの期間(年月) 2か月

 

【相談のきっかけ】

ご夫婦で離婚に向けた話し合いをされておりましたが,離婚条件の詳細を詰める段階で悩まれて,ご来所されました。

 

【事件の概要】

子の養育費については,お二人で共同して育てて行くという意識があるため,そうした考えを面会交流条件等に反映させることがご希望でありました。

 

【活動内容】

ご希望を伺い,離婚協議書の作成をし,公正証書にすることとなりました。

 

【解決内容】

親権者は母になるものの,教育方針は父母で話し合うこと,面会交流は高頻度で行うことで合意をしました。

 

→離婚問題のご相談はこちら

 

 

投稿者: 弁護士 細江 智洋

2024.06.24更新

事案内容 裁判離婚
依頼者 30代 女性 パート・アルバイト
相手方 30代 男性 会社員
結婚歴 約14年半
子ども あり
離婚請求 離婚を切り出した
離婚の原因 性格の不一致・価値観の違い モラルハラスメント 暴力(DV)
離婚条件の争点(子ども)親権 養育費
離婚条件の争点(お金) 婚姻費用
解決までの期間(年月) 3年2か月

 

【相談のきっかけ】

離婚調停が不成立となり,離婚訴訟を検討してご来所されました。

 

【事件の概要】

夫の暴力・暴言が酷く別居をしましたが,ご依頼者様には不貞行為があり,有責配偶者としての離婚請求になりました。

 

【活動内容】

婚姻費用を受け取っていなかったため,まずは婚姻費用の請求をし,過去分を含めて審判で金額が決まりました。
その後,差押えの手続等をした上で,離婚協議を進めました。

 

【解決内容】

多額の婚姻費用が未払いであったため,未払い婚姻費用の一部を実質的に離婚の解決金として免除することで,離婚成立の合意が成立しました。

 

→離婚問題のご相談はこちら

 

 

投稿者: 弁護士 細江 智洋

2024.06.06更新

事案内容 調停離婚
依頼者 50代 男性 会社員
相手方 50代 女性 会社員
結婚歴 約30年
子ども あり
離婚請求 離婚を求められた
離婚の原因 不倫・浮気
離婚条件の争点(子ども)親権・養育費
離婚条件の争点(お金) 慰謝料 住宅・不動産 預貯金 退職金 保険 その他
解決までの期間(年月) 約11か月

 

【相談のきっかけ】

妻側から離婚調停の申し立てと法外な請求がされたため,ご来所されました。

 

【事件の概要】

ご自身が不倫をされており,以前離婚が成立しなかったのですが,妻側から離婚調停の申立てと高額な請求がきました。同居中は妻側が家計・貯蓄を管理していました。

 

【活動内容】

離婚調停の代理人として,条件の交渉を進めました。妻側は,夫が有責配偶者であることを理由に高額な請求をしてきました。一定の慰謝料を負担する代わりに,通常通り財産分与をすることを求めました。

 

【解決内容】

同居中に形成した資産は妻の方が多かったこと,妻が自宅を取得することから,実質的には1000万円以上の財産分与を受ける内容で解決しました。

 

→離婚問題のご相談はこちら

 

投稿者: 弁護士 細江 智洋

2024.06.06更新

事案内容 離婚前その他
依頼者 30代 男性 会社員
相手方 30代 女性 会社員
結婚歴 約5年
子ども あり
離婚請求 離婚を求められた
離婚の原因 性格の不一致・価値観の違い モラルハラスメント
離婚条件の争点(子ども)親権
離婚条件の争点(お金) 
解決までの期間(年月) 6か月

 

【相談のきっかけ】

妻が性格の不一致を理由に離婚を求め,別居も計画しており,修復を希望されてご来所されました。

 

【事件の概要】

妻は自身の価値観・考え方に合わない夫の言動について一方的に非難をするようなモラハラ気質で,些細なことを繰り返し責め立てて,離婚を進めようとしていました。

 

【活動内容】

関係修復と子の連れ去り予防のために円満調停と子の監護者の指定調停を申立て,関係修復と,子の連れ去り予防のために監護者を父親に指定することを求めました。

 

【解決内容】

調停での話し合いの結果,離婚はせずに,今後も夫婦で同居して二人で子育てをしていくこととなりました。

 

→離婚問題のご相談はこちら

 

投稿者: 弁護士 細江 智洋

2024.05.28更新

事案内容 裁判離婚
依頼者 40代 男性 会社員
相手方 40代 女性 パート・アルバイト
結婚歴 約5年半
子ども あり
離婚請求 離婚を求められた
離婚の原因 性格の不一致・価値観の違い モラルハラスメント 暴力(DV)
離婚条件の争点(子ども)親権 養育費
離婚条件の争点(お金) 慰謝料
解決までの期間(年月) 2年

 

【相談のきっかけ】

依頼者様は,別居していた妻から離婚調停の申し立てがされて,慰謝料等の高額な請求を受け,困り果ててご相談にいらっしゃいました。

 

【事件の概要】

ヒステリックなモラハラ妻からの暴行に対してやり返してしまったことがあり,高額な慰謝料等の請求を受けていました。

 

【活動内容】

離婚調停の代理人として条件面の交渉をしましたが,折り合いがつかず,不成立になりました。その後,離婚訴訟を提起し,和解で離婚が成立しました。

 

【解決内容】

妻側は慰謝料や財産分与を求めてきましたが,慰謝料は一方的に負担する理由はないこと,財産分与は,むしろ妻側の資産の方が多いことを主張・立証しました。最終的には,慰謝料なし,財産分与なしという内容で和解が成立しました。

 

→離婚問題のご相談はこちら

 

投稿者: 弁護士 細江 智洋

2024.05.24更新

事案内容 調停離婚
依頼者 40代 男性 会社員
相手方 40代 女性 会社員
結婚歴 約18年
子ども あり
離婚請求 離婚を求められた
離婚の原因 性格の不一致・価値観の違い モラルハラスメント 暴力(DV) その他
離婚条件の争点(子ども)親権 養育費
離婚条件の争点(お金) 婚姻費用 住宅・不動産
解決までの期間(年月) 5か月

 

【相談のきっかけ】

依頼者様は,突然妻が別居をして,妻の代理人から受任通知が届き,ご相談にいらっしゃいました。

 

【事件の概要】

妻の金遣いが荒く,お金の問題で喧嘩をすることが多かったご夫婦です。妻の浪費で生活費が足りないのに依頼者様の稼ぎが少ない等のモラハラを受けていました。

 

【活動内容】

受任通知を送るとともに,調停での代理人にも就任し,婚姻費用や離婚条件の話し合いを行いました。

 

【解決内容】

依頼者様がお子様の親権者となり,養育費や学費を請求しない代わりに,財産分与も行わないことの調停が成立しました。

 

→離婚問題のご相談はこちら

 

投稿者: 弁護士 細江 智洋

2024.04.11更新

事案内容 調停離婚
依頼者 40代 男性 公務員
相手方 40代 女性 公務員
結婚歴 約15年
子ども あり
離婚請求 離婚を切り出した
離婚の原因 性格の不一致・価値観の違い
離婚条件の争点(子ども)親権
離婚条件の争点(お金) 住宅・不動産 その他
解決までの期間(年月) 4ヶ月

 

【相談のきっかけ】

性格の不一致を理由に離婚を求めて離婚調停を申し立てたところ,相手方の妻が代理人をつけたため,弁護士を探してご相談にいらっしゃいました。

 

【事件の概要】

夫婦それぞれが公務員で15年間協力して生活をしていたが,性格の不一致、教育観の違いにより夫婦仲が悪化し,離婚をご希望。
財産管理は別々にしていたため,財産分与を行わないこと,オーバーローンの自宅の対応が必要でした。

 

【活動内容】

離婚調停における代理人として,離婚条件の提案・折衝を行いました。

 

【解決内容】

不動産を除く財産については,双方の希望も一致したため,財産分与の対象とはせず,それぞれの名義のものはそれぞれが取得することとなりました。

不動産は、オーバーローンであるため、代償金なく妻が取得し、住宅ローンは妻が借り換えて、依頼者様は住宅ローンの関係からは完全に抜けることができました。

 

→離婚問題のご相談はこちら

 

 

 

投稿者: 弁護士 細江 智洋

2022.02.28更新

事案内容 裁判離婚
依頼者 30代 女性 主婦・無職
相手方 30代 男性 会社員
結婚歴 約4年
子ども 1名
離婚請求 離婚を切り出した
離婚の原因 性格の不一致・価値観の違い モラルハラスメント
離婚条件の争点(子ども) 親権 養育費
離婚条件の争点(お金) 
解決までの期間(年月) 5ヶ月

 

【相談のきっかけ】

家事育児へ非協力的で配慮のない夫との離婚を希望してご来所。

 

【事件の概要】

妻である依頼者は里帰り出産後に別居を開始。別居後に自分で離婚調停を申し立てたものの,合意の見込みがなく不成立となった。

 

【活動内容】

別居期間も2年近く経過しており,かつ従前の経緯等に照らして夫である相手方との協議での進行は困難であると思われたため,裁判上の和解での解決を念頭に,早急に訴訟を提起した。

 

【解決内容】

訴訟において,当初,夫は離婚を拒否し,理不尽な要求を続けていたが,最終的には離婚に応じ,裁判上の和解が成立した。

 

→離婚問題のご相談はこちら

 

投稿者: 弁護士 細江 智洋

2022.02.24更新

事案内容 裁判離婚
依頼者 50代 男性 会社員
相手方 50代 女性 会社員
結婚歴 20年
子ども 未成年者1名
離婚請求 離婚を求められた
離婚の原因 性格の不一致・価値観の違い モラルハラスメント その他
離婚条件の争点(子ども) 親権 養育費
離婚条件の争点(お金) 住宅・不動産 預貯金 退職金 保険 子供の預貯金・学資保険
解決までの期間(年月) 約1年1か月

 

【相談のきっかけ】

別居後数年が経過し,妻から申し立てられた離婚調停が不成立となった後,妻から離婚訴訟を提起されてご相談のためご来所。

 

【事件の概要】

ご依頼時点で離婚訴訟を提起されていた。主な争点は養育費,財産分与など。

 

【活動内容】

障害を抱えた依頼者としては現在居住中の不動産を自身が取得したい希望があり,なおかつ代償金を含む財産給付を極力抑える形での訴訟活動を行った。

 

【解決内容】

結果として,相手からの特有財産の主張を事実上排斥させる形で,財産分与による支払いを極力抑えつつ,不動産を取得する内容での和解が成立した。

 

→離婚問題のご相談はこちら

 

 

投稿者: 弁護士 細江 智洋

前へ

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

TEL:050-7587-0469 ご質問・ご予約はこちらTEL:050-7587-0469 ご質問・ご予約はこちら