ケーススタディ

2021.12.21更新

事案内容 調停離婚
依頼者 60代~ 女性 主婦・無職
相手方 60代~ 男性 主夫・無職
結婚歴 54年
子ども 未成年者無し
離婚請求 離婚を切り出した
離婚の原因 性格の不一致・価値観の違い モラルハラスメント その他
離婚条件の争点(お金) 年金分割
解決までの期間(年月) 約1年10か月

 

【相談のきっかけ】

約12年前に夫との別居を開始した妻である相談者が,離婚を希望されてご子息とともにご来所。

 

【事件の概要】

当事者双方とも80代と高齢であり,コロナウイルスの蔓延もあり,双方とも期日等で長距離の移動を行うことが困難である中で,離婚調停を申し立てて電話での出席にて話し合いを進めた。

 

【活動内容】

妻である依頼者は現在自身が居住中の横浜の住居を財産分与で取得したうえで離婚することを強く希望されていたため,依頼者の意向に沿う解決となるように活動した。

 

【解決内容】

夫である相手方は,当初離婚及び財産分与で妻が不動産を取得することにつき消極的であったが,最終的には納得し,調停に代わる審判を用いることにより双方が遠隔地にいながら離婚成立とすることに成功した。

 

→離婚問題のご相談はこちら

投稿者: 弁護士 細江 智洋

2021.09.14更新

事案内容 協議離婚
依頼者 40代 男性 会社員
相手方 40代 女性 主婦・無職
結婚歴 約14年
子ども 2名
離婚請求 離婚を求められた
離婚の原因 性格の不一致・価値観の違い
離婚条件の争点(子ども)養育費
離婚条件の争点(お金) 住宅・不動産
解決までの期間(年月) 約3か月

 

【相談のきっかけ】

妻から離婚を切り出され,当事者同士で協議を重ねていたが,まとまらなかったためご来所。

 

【事件の概要】

財産分与としての自宅の分与割合の点が争点となった。

 

【活動内容】

自宅売却の際の分与割合についての協議,公正証書作成等。

 

【解決内容】

公正証書を作成し,離婚が成立した。
争点となっていた自宅の分与割合については,妻に有利な割合とすることによって早期に解決した。

 

→離婚問題のご相談はこちら

 

投稿者: 弁護士 細江 智洋

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

TEL:050-5852-2846 ご質問・ご予約はこちらTEL:050-5852-2846 ご質問・ご予約はこちら