ケーススタディ

2024.07.05更新

事案内容 調停離婚
依頼者 40代 男性 会社員
相手方 30代 女性 会社員
結婚歴 約5年半
子ども あり
離婚請求 離婚を切り出した
離婚の原因 性格の不一致・価値観の違い モラルハラスメント 不倫・浮気
離婚条件の争点(子ども)親権 面会交流 養育費
離婚条件の争点(お金)慰謝料 婚姻費用
解決までの期間(年月)3年3か月

 

【相談のきっかけ】

不倫をした妻から離婚を求められ,ご来所されました。

 

【事件の概要】

不倫をした妻が子を監護しており,親権を争いました。

 

【活動内容】

まず最初に子の引渡しを求めて審判を申立てました。離婚は当初拒否をしていましたが,不倫相手への慰謝料請求が解決した後に,離婚調停を申し立てました。

 

【解決内容】

子の引渡しでは監護者と指定されず,面会交流の条件を定めて終わりました。離婚調停では,妻からの慰謝料の取り決めも行い,離婚が成立しました。

 

→離婚問題のご相談はこちら

 

 

投稿者: 弁護士 細江 智洋

2024.07.01更新

事案内容 離婚前その他
依頼者 40代 男性 会社員
相手方 30代 女性 主婦・無職
結婚歴 約1年10か月
子ども なし
離婚請求 離婚を切り出した
離婚の原因 性格の不一致・価値観の違い モラルハラスメント
離婚条件の争点(子ども)
離婚条件の争点(お金)慰謝料 婚姻費用 預貯金 退職金 その他 
解決までの期間(年月) 1年

 

【相談のきっかけ】

別居した妻から婚姻費用の調停を申し立てられたことから,ご相談にいらっしゃいました。

 

【事件の概要】

妻に対して日頃の不満を伝えたところ,別居が始まり,婚姻費用の請求を受けました。

 

【活動内容】

婚姻費用は調停の代理人として関わり,適正な金額を定めました。
当初は,話し合って解決ができるなら円満を目指しましたが,修復が難しかったため,離婚協議を進めました。妻からの慰謝料請求は否定し,財産分与では夫の特有財産(独身時代の貯蓄)を主張しました。

 

【解決内容】

妻からの慰謝料請求は拒否し,特有財産(独身時代の貯蓄)の部分は財産分与から除外して,適正な財産分与条件となりました。

 

→離婚問題のご相談はこちら

 

 

投稿者: 弁護士 細江 智洋

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

TEL:050-7587-0469 ご質問・ご予約はこちらTEL:050-7587-0469 ご質問・ご予約はこちら